PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< トリック劇場版2 | main | 容疑者Xの献身 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
砂漠
砂漠
砂漠
伊坂 幸太郎
総合評価★★★★
(感心度★★★★ 面白さ★★★★ 読後感★★★★★)

今読み終えたところです。
うーむ、スゴイの一言です。
伊坂幸太郎の作品で一番好きかも。すごくしっかりとした小説になってる。
西嶋のキャラなどで、伊坂氏の持ち味が非常によくあらわれていると思うけど、全体的に壊れてなくて素敵な青春小説になっているのはある意味珍しい。
ちょっと予想外に素直な青春小説だったので、とても嬉しい。
これだったら直木賞あげてもいいぐらい(笑)
しかも、この小説のすごいのはそれだけじゃない!
最後にのけぞってしまうぐらいビックリ!
読み返して見ると、なるほどと思われることがたくさんあり再度感心したのだが、青春小説にどっぷり嵌ってた私は全く気付かす、嬉しい驚きを味合わせてもらいました。
今年は、まだ10冊ぐらいしか読書できてなくて、感想も1年以上書けてないのですが、久々に感想書きたくなるぐらい良かったです。
時間があれば他の人の感想も読み歩きたいな!(時間がないのが残念)
| 小説 | 20:58 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - |
はじめまして。
TBさせていただきました!

【砂漠】おもしろいですよね♪
皆素敵なキャラですごく楽しめました。
| ふゆ | 2006/10/16 6:06 PM |
ふゆさん、こんにちは。
トラバ、ありがとう。
伊坂さんには、砂漠のような作品をたくさん書いて欲しいですね。
| おとぎ | 2006/11/16 5:58 PM |









http://otogi.jugem.jp/trackback/95
砂漠
砂漠 伊坂 幸太郎 「大学の1年間なんてあっという間だ」―。入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン・・・。大学生生活を楽しむ5人が社会いう“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、瞬きする間に過ぎゆく日々を送ってい
| 小冬日和。 | 2006/10/16 6:04 PM |
朽ちる散る落ちる
「勝ち方には、いろいろある。負け方にも、いろいろある。自分の勝ち方と、自分の負け方を、両方見つけなさい」出入不可能な、地下の密室で発見される奇妙な死体。地球に帰還した、有人衛星の乗務員全員の他殺死体。二つの完全密室。数学者・小田原長治の意味ありげな言
| クルミ入りチョコレートの輪舞曲 | 2007/05/03 11:53 PM |