PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< 暗黒の城 (有村 とおる) | main | 九月が永遠に続けば (沼田 まほかる) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天国で君に逢えたら (飯島 夏樹)
天国で君に逢えたら
天国で君に逢えたら
飯島 夏樹
総合評価★★★
(感心度★★★ 面白さ★★★ 読後感★★★★)
中田英俊推薦で話題となった本書の作者、飯島夏樹さんが、一昨日お亡くなりになられました。ご冥福をお祈りいたします。
ニュースを見て、たまたまこの本が手元にあったので、緊急に読了しました。
病院内で手紙代筆屋を営むことになった精神科医野々上純一の眼を通して、死期の迫る患者たちとその家族の思いを描いている作品ですが、作者自身の闘病生活を考えると非常に深い感慨があります。
文章自体はとても読みやすく、すらすらと読みすすめられますが、そこで繰り広げられる数々のエピソードには胸を打たれるでしょう。
人は生きている間に何をすべきなのか、考えさせられる1冊でした。
| 純文学 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |









http://otogi.jugem.jp/trackback/82