PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< 地獄のババぬき (上甲 宣之) | main | たらいまわし・本のTB企画「第10回 映画になったら見てみたい」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
雨恋 (松尾由美)
雨恋
雨恋
松尾 由美
総合評価★★★★
(感心度★★★★ 面白さ★★★ 読後感★★★★)
まずは帯がすごい!

「『文学賞メッタ斬り!』の大森望氏も涙!
 ありえない恋
 ラスト2ページの感動
 2005年ベスト1確実!のラブストーリー」
「世界がずっとこのままであればいい。ぼくはアメが永遠に止ま
 ないことを祈った、静かに深く彼女とつながりながら・・・。
 「雨の日は魔法。小さな奇蹟があなたの心に水分を補給します。
  あの松尾由美が、こんなにストレートな切ない恋愛を書くなんて」 
                      ー大森望 」

この帯を見たら、読まずにはいられないですよ。
今年度のベスト帯大賞があれば、最有力候補でしょう。
でもって、読んで見た感想は・・・・。
確かに素晴らしい作品です。いわゆる幽霊物なのですが、着想といい、物語展開といい申し分ない出来です。感動もしました。
でも、さすがに帯は誉めすぎでしょう。これは恋愛ものともいえますが、全編通して犯人探しのミステリ色が強く、それにファンタジー要素が絡んでくる感じなので、ラブストーリーとしては異色の部類かと。
さらにラストも果たして最高の演出といえるかどうか疑問。これは人によって感じ方がいろいろでしょう。かなり感動する人もいるはず。
この作品はやっぱり「松尾由美」です。「松尾由美」色が非常に強い。安楽椅子探偵や犬の物語と通ずるものがあります。とすれば、大森氏の驚きは、私には共感できません。
さらに気になるのは千波のキャラ設定。妙に気が強かったり、開き直ったりで、私のイメージするところの女性とは少し違う感じ。このキャラ設定次第では、もっと感動的な物語になったのではないか、と勝手に思っています。
越谷オサムの「ボーナス・トラック」と似た設定(これは幽霊側から描いているが)ですが、前向きな感じとラストの美しさではボーナストラックの方が良かったように感じました。
しかし、それなりに感動的なラブストーリーであることは間違いなく、是非他の人にもオススメしたい作品です。
| ミステリ | 21:45 | comments(2) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |
こんばんは。
はじめまして、よしと申します。
やはり、松尾由美さんなのですか?
初めてでしたのでちょっと、思ったより良かったのです。
他の松尾さんの作品も読もうと思いました。
今後もよろしくお願いします。
| よし | 2005/03/13 11:11 PM |
よしさん、はじめまして。
松尾由美さんは、SFミステリの「バルーンタウン」シリーズが有名なのです。
他にも色々タイプの違う作品を書いてらっしゃいますが、「雨恋」に比較的近いのは、犬が出てくる「スパイク」かも知れません。
「雨恋」は松雄さんの代表作の一つに数えてもよい出来だと思います。
| おとぎ | 2005/03/14 10:03 PM |









http://otogi.jugem.jp/trackback/76
『雨恋』 松尾由美 新潮社
雨恋 引越しを考えていた沼野渉に、急に海外出張となった叔母からマンションの部屋を管理して欲しいと頼まれる。部屋の管理とペットの猫2匹を頼まれたが、雨の日になにやら人の気配を感じた。。。 雨の日でないとこの部屋に出てこれない彼女は、実は3年前に亡くなっ
| みかんのReading Diary | 2005/02/22 3:58 PM |
松尾由美『雨恋』
ぽんすけの「雨恋」の感想
| ぽんすけにっき | 2005/02/27 6:02 AM |
『雨恋』 松尾由美 (新潮社)
雨恋松尾由美著出版社 新潮社発売日 2005.01価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)ISBN  4104733016ぼくは雨が永遠に止まないことを祈った。静かに深く彼女とつながりながら…。ありえない恋、ラスト2ページの感動。ストレートな切ないラブストーリー。 [bk1の内容紹介]
| 活字中毒日記! | 2005/03/06 4:44 PM |
雨恋(あまごい) 松尾由美 
雨恋松尾由美著出版社 新潮社発売日 2005.01価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)ISBN  4104733016ぼくは雨が永遠に止まないことを祈った。静かに深く彼女とつながりながら…。ありえない恋、ラスト2ページの感動。ストレートな切ないラブストーリー。 [bk1の内容紹介]
| *Happy Light* | 2005/03/13 11:03 PM |
松尾由美
Counter: 1707, today: 10, yesterday: 37 松尾由美 † 名前:松尾由美(まつおゆみ) 【blogmap|はてな|ブクログ|bk1|Google】 生年月日:1960年11月27日 出身地:石川県金沢市 受賞歴:『バルーン・タウンの殺人』で第17回ハヤカワSFコンテストに入選。 公式
| PukiWiki/TrackBack 0.1 | 2005/03/23 6:50 AM |
RwJx
 オーディオメーカーに勤める沼野渉は海外赴任する叔母から留守宅に住んでくれるよう...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2005/11/17 12:20 AM |
http://mysterytoy.com/88C08A7988D68E71925492E3/
安楽椅子探偵安楽椅子探偵(あんらくいすたんてい、アームチェア・ディテクティブ、Armchair-Detective)とは、ミステリの分野で用いられる呼称で、狭義では安楽椅子(語意通りなら肘掛け椅子だが)に腰をおろしたままで、人から事件に関する話を聞き、それに基づいた推
| ミステリー館へようこそ | 2007/08/07 11:43 AM |