PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< 太陽と戦慄 (鳥飼否宇) | main | リピート (乾くるみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「このミステリがすごい!」の発売はもうすぐです
「このミステリがすごい!」の発売日が近づいています。
今回は鳥飼さんのインタビューなんかがあるのですね。

私としては、今年も一応、予想などやってみようかなと。
でも、新刊をほとんど読んでないのは例年と同様で、色んなサイトの評価を参考にベスト10を選んでみました。

「このミステリがすごい!」
1位 「幻夜」東野圭吾
2位 「生首に聞いてみろ」法月綸太郎
3位 「さよなら妖精」米沢穂信
4位 「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎
5位 「イニシエーション・ラブ」乾くるみ
6位 「暗黒館の殺人」綾辻行人
7位 「残虐記」桐野夏生
8位 「臨場」横山秀夫
9位 「夜のピクニック」恩田陸
10位 「薔薇密室」皆川博子

次点としては「チルドレン」伊坂幸太郎、「黄昏の百合の骨」恩田陸、「硝子のハンマー」 貴志祐介あたりか。加納朋子の「スペース」も出来れば入って欲しい。

「本格ミステリベスト10」
1位 「生首に聞いてみろ」法月綸太郎
2位 「イニシエーション・ラブ」乾くるみ
3位 「暗黒館の殺人」綾辻行人
4位 「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎
5位 「螢」麻耶雄嵩
6位 「スペース」加納朋子
7位 「さよなら妖精」米沢穂信
8位 「アルファベット・パズラーズ」大山誠一郎
9位 「天城一の密室犯罪学教程」天城一
10位 「ジェシカが駆け抜けた七年間について」歌野晶午

かなり適当に予想しました。半分も読んでないのですが・・。

(追記)12/11
このミスのランク確認しました。
やはり予想は難しい。
ベスト10内のランクインでも、わずか4作しか的中してない・・・。
天城一がこっちに入るのも驚きでしたが、矢作俊彦・斉藤純は完全にノーマークでした。




| 雑記 | 00:13 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | - |
こんにちは。もうそんな季節なんですね。『幻夜』は上位にくると思うのですが『アヒルと鴨〜』も上位にあるといいな〜。
私もそんなに読んでないので、この発表を見てチェックしよう(毎年こんな感じかな/笑)
| みかん | 2004/12/04 12:41 PM |
みかんさんの予想はどうでしょうかね。
DVDなどの映像関係も詳しそうだから、たくさんあってベスト10なんて選べないかもしれませんが。
自分で挙げておきながら言うのも変ですが、来年は徐々にこれらの本を読んでいきたいと思ってますよ。
| おとぎ | 2004/12/04 9:54 PM |









http://otogi.jugem.jp/trackback/47
12月新刊情報!
いよいよ師走に突入。遅ればせながら12月の新刊情報をアップしますね。 今月は10〜11月に比べてこぢんまりした内容かな。 ◎単行本 まずは恒例の直木賞作家からご案内。 なんと言っても超目玉は宮部みゆきさん[:女:]の★『日暮し』。『ぼんくら』の続編にあた
| 活字中毒日記! | 2004/12/05 6:58 PM |