PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< みんな誰かを殺したい (射逆 裕二) | main | 銀河鉄道の夜 (宮沢賢治) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
愛犬マックス (関口 哲平)
愛犬マックス 誘拐DOGNAP
愛犬マックス 誘拐DOGNAP
関口 哲平
★★
文字通り「犬」の誘拐ミステリーです。
確かに愛犬家は、本当の子供のようにペットを飼っていたりするので、誘拐の対象になるってことはあるかもしれません。
その点では目の付け所が良いと思います。
しかも、日本の法律では、犬をさらっても「器物」の「窃盗」としかみなされず、身代金を要求しても「誘拐」にならず、「恐喝」にしかならないらしいです。
そういう点を前提に、愛犬家と犯人が駆け引きを展開するミステリですが、情感あふれる作品でした。
ミステリとしてはそんなに面白いとは思いませんでしたが、犬好きな人には色々考えさせられる内容ではないでしょうか?
帯の上原多香子の推薦の言葉を見て買ってしまった人も多いのでは?と思います。
私は、それで図書館から借りてしまいましたけど・・・。
| ミステリ | 20:28 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:28 | - | - |
「物語の宝石箱」という素敵なタイトルのサイトでご紹介いただいてありがとうございました。「愛犬マックス」、実は今、映画化がポストプロダクションの段階で、ぼく自身が脚本を三稿まで書き終えました。直造の家庭環境設定、誘拐の設定、最後の競艇のどんでん返し、心臓病との子供の別れのシーン……など、ずいぶんと物語に起伏を付けました。エンディングは変わりませんけども。来年の秋頃のクランクインじゃないかと思います。また、よろしくお願いいたします。

関口哲兵 拝(大病したので、ペンネームを変えました)
| 関口哲兵 | 2004/12/21 9:58 AM |
作者の方でしたか。
こんな拙い感想を見つけていただきありがとうございます。
作者直々にコメントしてくださり、とても嬉しいです。
誉めてるのか批判しているのかわからない感想ですみません。
映画化は言われてみればぴったりかもしれませんね。
どんな映画になるか楽しみです。
秋頃にはまた宣伝しにきてくださいね。
私も覚えてたらPRしますので。
| おとぎ | 2004/12/22 9:29 PM |









http://otogi.jugem.jp/trackback/29
新刊グランプリ!作品追加しました。
別れの後の静かな午後大崎善生著出版社 中央公論新社発売日 2004.10価格  ¥ 1,365(¥ 1,300)ISBN  4120035778君を想えば、別れすら愛しくなる。痛みと哀しみが去りゆくとき、永遠に消せないぬくもりが胸に灯る。「別れとはじまり」を描いた恋愛小説集。『中央
| 活字中毒日記! | 2004/10/21 10:45 PM |