PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える | main | 5 (佐藤正午) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
時計仕掛けのイヴ(関田涙)
メフィスト賞からデビューした関田涙さんですが、この作品はノンシリーズの単行本で、ミステリでもあり、SFでもあり、恋愛物でもあるという、シチュエーション的にわたし好みの小説です。
なかなか感動的な作品ですが、一読して西澤保彦氏の初期の頃のSFチックなミステリ群を思い出さずにいられないでしょう。
やはり「時間」が小道具なのですが、能力の穴をついたちょとした仕掛けなどよく似てます。
多分、影響は少なからず受けてると思うのですが・・・。
最近の西澤さんはテーマの幅が広くなって、「七回死んだ男」のように真正面から不思議能力をテーマにした作品は少ないのですが(神麻シリーズはあるけど)、関田さんのこの作品で久しぶりにその雰囲気を味わいました。
ただ、最後の方はやや唐突な感じがしたんですけれども・・・。
関田さんにはぜひこういう作品にもっとチャレンジして欲しいですね。
評価:
関田 涙
小学館
¥ 1,365
(2006-11-18)
| SF小説 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |









http://otogi.jugem.jp/trackback/109