PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< 四神金赤館銀青館不可能殺人(倉阪 鬼一郎 ) | main | 天帝のつかわせる御矢(古野まほろ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天帝のはしたなき果実(古野まほろ)
評価:
古野 まほろ
講談社
¥ 1,680
(2007-01-12)
メフィスト賞に新たな大作が生まれました!

日本ミステリの至宝「虚無への供物」に連なる超大作本格ミステリ。
舞台は90年代のパラレルワールド。大日本帝国のとある進学校。
ブラスバンド部を中心に起こる連続殺人事件。

中盤にある本格ミステリとしての論理の醍醐味は大満足です。

とまあ、ラストまで大歓声のうちに読み終えたのですが、「流石にこれは批判の嵐だろうなあ」と危惧してたらやっぱり他の方のネットの感想では結構ぼろくそです。
それにしても、皆さんの知識量と分析力には感服します。すごく参考になりました。
私なぞ、前半部は5割以上意味がわからなかったのですが、それでも楽しめました。
横文字だらけで確かにツライですが、あまり深く考えないで読んじゃう私のようなタイプのほうが意外と合ってるかも。
細かい矛盾点など全く気にしないタイプですんで。
1回目でチンプンカンプンだった設定も、再読すると人物関係や伏線などもよくわかり、あらためて感心しました。
まあ、本格ミステリと言い切るのには難がありますが(どうしてみんな人外魔境方面に行くんでしょうねえ)、個人的には今年一番の収穫といえます。
キャラが意外と気に入ってます。女性陣はもちろんですが(特に栄子さん)、志度一馬がお気に入りです。
会話に関しても難解さとウイットの効いた面白さを併せもっていて、再読してもやはり楽しかったです。
死体を記号的に扱っていたり、主人公が病気持ちだったりして、生理的に受け付けない人もいるだろうし問題点も数多く指摘できるでしょうが、それもひっくるめて独自の世界観を構築したミステリといえるでしょう。
いろんな意味でこれだけ度肝を抜かれたのは「コズミック」以来かな。
あれも推理部分はおもしろいんだけどなあ・・・。
| ミステリ | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |









http://otogi.jugem.jp/trackback/104