PR
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • もう4年半も経つのか・・・・
    鈴音 (12/14)
  • エンド・クレジットに最適な夏 (ミステリ・フロンティア 33)(福田 栄一)
    roxy notebook skin (01/18)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    鈴音 (04/28)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    大山夏夜 (04/04)
  • 芥川賞・直木賞決まる!
    あ (02/17)
  • 2008年 あけましておめでとうございます!
    ゆこりん (01/05)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    おとぎ (10/29)
  • トラックバック・ピープルに新しいテーマつくりました!
    四季 (10/28)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    おとぎ (10/10)
  • たらいまわし本のTB企画第38回 「何か面白い本ない?」という無謀な問いかけに答える
    りつこ (10/10)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
My Blog
LINKS
BlogPeople
本好きPeople
PROFILE
OTHERS
 
世の中には涙を誘う感動的な物語や勇気付けられるさわやかな物語がたくさんあります。
本来ミステリ好きな管理人「おとぎ」が、色んな本を読んで感じたことを綴ります。
時にはティータイムでSSや小ネタ、ミステリもどきなどで一服を。

コメント、トラバ大歓迎!
特に、同じ本の感想のトラバは、こちらへのリンクが無くてもOKです!
このブログ全般に関するコメントは、掲示板(サイトと兼用)にどうぞ!
管理人の読書感想サイト「おとぎのミステリルーム」もよろしく!
2006読了本ランキング(暫定・制作中)もあります。
<< 赤い指(東野圭吾) | main | 天帝のはしたなき果実(古野まほろ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
四神金赤館銀青館不可能殺人(倉阪 鬼一郎 )
なんとも漢字ばっかりのタイトルですが、おなじみ倉阪鬼一郎さん。
おなじみといっても、かなりミステリ通でないとおなじみじゃないかも(笑)
倉阪さんといえば、本格ミステリチックの幻想ミステリやユーモアミステリなどで有名ですが、なにせ三重県の人なので、図書館などにも意外と蔵書が多いんです。
しかも結構多作なもんで、ノベルズから単行本と幅広く。
仕掛けが好きな人で、毎回いろんな趣向を凝らしてくれます。
本の案内文とか読むと、いつもなんか期待わくわくという感じ。
で・・・・この人ほど期待を裏切ってくれる人は少ないでしょう。
読み終わって、「なんだ、この仕掛け?」ってがっかりする以前に物語の内容の分からないことがいやはやなんと多いことか。
名作ミステリの評価を受けている某作品も、私いまだに何がすごいのかさっぱりわかっていません。
そんな状態ながらも、懲りずについつい読んでしまう倉阪さん。
全然、面白くないのに(すみません)かれこれ10冊以上は読んでますね〜。不思議。

ところが驚いたことにこの「四神金赤館銀青館不可能殺人」はめずらしくというか、初めて期待を裏切らない作品でした!
なんと最後まで話の内容についてゆけました!(爆)
いわゆるバカミスに分類される作品なので、一般読者にはなかなか受け入れられそうにないですが、お遊びミステリが好きな人には結構いけるかも。
私が読んだ倉阪作品の中で最高の出来だと思います。
謎のすばらしさ、伏線の巧妙さ、大胆なトリック、ストーリーに隠された仕掛け・・・・どれも実に見事です。
綾辻さんの「館シリーズ」にまぜても違和感ないぐらいです!(...いや、あるでしょ)
すべてがすっきり解決され、爽快だったのも倉阪作品では初めてかも。
私のミステリレベルにピタリとマッチした本格ミステリでしたよ。
どうみてもちょっと褒めすぎですが、星4つの評価にしておきます。
| ミステリ | 21:07 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |









http://otogi.jugem.jp/trackback/103
ハンニバル・ライジング スタンダード・エ
食料に飢えたリトアニアの逃亡兵によって妹ミーシャが食された事への復讐だ。しかし、兄ハンニバルも食っていた。 お前も食った 何も知らずに 小さな唇で サジを舐めてたなぜムラサキに日本人を使わない?監督の頭の中は、日本人も中国人も一緒なんだな。
| ミステリーの思い入れ | 2007/10/06 5:05 PM |